シミ取りレーザーを考えている方は、施術の前に予備知識を仕入れておきましょう。

肌のお悩みを解決するシミ取りレーザー大辞典のヘッダー

シミ取りレーザー治療とは?

シミに医療用のレーザーを照射し、シミを取り除くレーザー治療はどのような仕組みなのでしょうか?

 

シミができる最も大きな原因は紫外線です。
紫外線によって肌組織のメラサイトという細胞が活性化し、黒色メラニンが作り出されます。
肌のターンオーバー(肌の生まれ変わりのこと)によって黒色メラニンは押し出され垢と共に排出されますが、ターンオーバーが乱れると黒色メラニンが蓄積されシミとなります
一度できたメラサイトは活性化し続け、シミはやがて濃くなっていくのです。

 

シミ取りレーザー治療では、黒い色に反応する波長のレーザーを照射し、黒色メラニンを破壊します。レーザーを照射した患部は軽いやけど状態となるため、保護テープを貼りかさぶたになるのを待ちます。

 

かさぶたが剥がれ落ちれば、シミのない肌が現れます。
この時の新しい肌は白や薄いピンクのような色で、周りの肌の色と馴染むまで数ヶ月ほどかかり、その間はメイクなどで隠して過ごす人が多いです。

 

メイクをする女性の画像

 

 

 シミ取りレーザーの痛みとは

シミ取りレーザー治療は、「美容皮膚科」「美容外科」で受けることができます。

 

  • 美容皮膚科は、主に美肌のためにメスを使わない治療を行うクリニック
  • 美容外科は美容整形を含め、美しくなるためにメスを使って治療を行うクリニック

の事です。

 

シミ取りは病気の治療ではないため、どちらで施術を受けても健康保険の適用外となります。
なお、レーザーは光熱であるため、当然ですが施術の際に「痛み」が生じる可能性があります。
どの程度の痛みが生じるのか、予め確認しておきましょう。

 

 

 

 治療当日の持ち物について

シミ取りレーザー治療は、シミの種類や、肌組織のどの深さに存在しているかなどを正しく診察してもらえなければ、一度で消えないことがあります。
つまり、施術を行う医師の技術力で仕上がりが左右されるのです。
そのため、クリニックの術後写真や口コミサイトはできるだけ確認するようにしてください。
また、治療当日にあった方が良い持ち物等についてもまとめましたので、是非事前にチェックしてみてください。

 

 

 シミ取りレーザーにリスクはあるの?

シミ取りレーザー治療後、患部が「炎症後色素沈着」を起こす場合があります。
炎症後色素沈着とは、レーザー照射によって患部が炎症を起こし、シミとは別の色が出てきてしまう症状の事です。
しかし、炎症後色素沈着は肌のターンオーバーで消えることが多いので焦らずクリニックに相談すれば大丈夫です。

 

 

 シミ取りレーザー前後に気を付けることは

治療の前は、日焼けに気を付けましょう。
シミ取りレーザーは黒色メラニンに反応するため、肌が日焼けしていると治療したい場所以外に反応してしまったり、照射自体を断られたりする可能性があります。
また、炎症を起こすリスクが高くなってしまうため、当日は飲酒を控えましょう。
治療後数日は、過度な飲酒、長時間の入浴、激しい運動は控えた方が良いです。
治療後の肌はダメージを受けやすい状態となっているため、紫外線対策の徹底が必要です。

 

 

 大きさによって金額は変わる?

シミ取りレーザーは、シミの「大きさ」によって料金が変わります。
また、クリニックによって単位(1cm刻みや2mm刻みなど)が異なりますので、まずはご自身が消したいシミの大きさ・数をしっかりと把握してみましょう。

 

 

まとめ

シミ取りの情報に納得するイメージ

 

いかがでしたか?
あらかじめ、シミ取りレーザー治療について最低限の知識を知ることで、安心して施術を受けられると思います。
ぜひ、参考にしてくださいね!